賃貸住宅の火災保険を見直そう

    賃貸住宅の火災保険って、入居手続きのときに他のいろんな手続きに紛れて考える余裕がなく、不動産屋さんにおすすめされた保険になんとなく加入してしまっていませんか?
    火災保険は不要な補償を見直すことでより安くすることができる可能性がありますので、ご紹介いたします。

    こんな方はぜひ一度見直しを

    2階以上の階層に住んでいる

    2階以上であれば、水害の心配はあまりありません。火災保険の保障内容に水害があれば、その部分を見直すことで安くすることができる可能性があります。

    家具が少ない

    家財保険と言って、火災等が発生した時に損傷した家具の費用が保障される保険がセットになっていることがありますが、家具が少なければ家財の保障金額も少なくて問題ありません。

    不動産屋指定の保険に入る必要はない

    そもそも不動産屋から、この保険に入ってくださいと言われたから、言われるがままに入っているという方が多いと思います。
    しかし、何かしらの火災保険に入る必要はあっても不動産屋の指定する火災保険に入る必要はありません。

    入居手続き時にはあまり気にならないという罠

    賃貸契約をするときは敷金、礼金などで数十万円単位の費用がかかることも珍しくありません。その中で年数万円の火災保険はどうしても小さな金額に見えてしまいます。しかし、保険を見直すことで年で数千〜数万円単位の節約ができるのであれば、今からでも見直して損はないと思います。

    見直しをするなら複数保険会社を比較できる店舗へ

    保険の加入するときには、当サイトではネット見積もりと、複数の保険会社を一括で見積もりできる保険代理店での相談を併用する方法をお勧めしています。詳しい検討手順はこちらをご覧ください。