ポイント還元と値引き、どっちがお得!?

10%ポイント還元と10%値引き(割引)はどちらがお得なのか

お店で買い物するときによく見る10%ポイント還元と10%値引き、どちらも同じような言葉ですが、意味するところは異なっています。
例えば、価格比較を行った際に、定価10,000円の商品が9,000円で売っているお店と、定価の10,000円で販売しており、10%ポイント還元で1,000円分のポイントがつくお店があった場合、どちらがお得なのでしょうか。詳しく説明します。

○○%値引き(割引)とは

例えば10%の例で説明しますと、10%値引きとは、「10,000円の商品を購入する際に、代金の10%に当たる1,000円を値引き(割引)し、10,000円 - 1,000円 の 9,000円で販売します。」ということです。
当然ですが、購入時に支払う金額は9,000円です。

ポイント還元とは

例えば、よくある10%ポイント還元なら、「10,000円の商品を購入した場合に、購入金額の10%分の1,000円分のポイントを獲得でき、それが次回買い物を行う際に使用できる」というシステムです。

店員の使う「実質○○円」という言葉に騙されない

上のような例で、よくお店の人から「10,000円 - 1,000円 で実質9,000円で購入できちゃいます。」言われることがあるのですが、この計算方法は全くの誤りです。
なぜなら10,000円は最初の購入時点で支払っているという事実があるからです。
正しく言い表すなら「10,000円の支払いで実質11,000円分の商品が購入できちゃいます。」というべきです。

どう違うのか

「なんだ、結局1,000円分お得になるなら実質9,000円と変わらないじゃないか」と思われるかもしれませんが、この違いは還元率が高くなってくると顕著になってきます。
値引きの時と比較して考えてみましょう。

100%値引きと100%ポイント還元で考えてみる

実際にはこれほど極端な例はないかもしれませんが、還元率100%で考えてみると分かりやすいです。

値引きの場合

「10,000円の商品を購入する際に、代金の100%に当たる10,000円を値引き(割引)し、0円で販売します。」ということになります。なんと無料で購入できちゃいますね。

ポイント還元の場合

「10,000円の商品を購入した場合に、購入金額の100%分の10,000円分のポイントを獲得でき、それが次回買い物を行う際に使用できる」となります。当然、最初に10,000円支払う必要があります。
この例でお店の人から「10,000円 - 10,000円 で実質0円で購入できちゃいます。」と言われたら、なんだか違和感を感じる人も多いのではないでしょうか。

結論

ここまでの説明をご覧になった方にはもうお分かりかと思いますが、値引き率と還元率が同じであれば値引きの方がお得です。
冒頭に挙げた定価10,000円の商品が9,000円で売っているお店と、定価の10,000円で販売しており、10%ポイント還元で1,000円分のポイントがつくお店があった場合の例でも、9,000円で売っているお店の方がお得です。
ポイント還元率10%で10,000円の商品を購入する例で、値引き率を求めてみると、実際に値引きされたのは11,000円のうちの1,000円ということになりますので、1,000 ÷ 11,000 × 100 = 9.0909…となり、およそ9%の値引きです。
還元率が10%だと、値引きとの差は1%ほどしかありませんがこの割合が大きくなってくると、値引きとの差も大きくなってきます。

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。買い物をされる際に参考にしていただければ大変幸いです。